ページを印刷する

スポンサープログラム

 一国の発展と繁栄はその国民の教育水準に依存します。そのため、私たちは意識的に都会ではなく、地方に学校を建築しています。

 沢山の子どもたちの教育を促進するための学校建設を進めながら、私たちは二つめの柱として、個々の子どもたちや若い人たちを対象とした支援も行っています。この支援活動は一般的な里親制度とは根本的に異なっており、里親の負担を最少にするため、子どもには最低限を提供するものではありません。これらの制度は、発展途上国では沢山のことを少額で購えるという印象を与えますが、この印象は現実の一面を切り取ったにすぎません。
 ドイツでは公立教育機関の水準は非常に高く、教育にお金はかからないようになっていますが、アメリカや日本で高度な教育を受けようとしたら、それなりの投資が必要です。ベナンも同様で、非常に高い水準の教育を受けたければ、私立の教育機関を頼ることになるため、大変なお金がかかります。

 私たちは主に貧困層出身の、優秀な子供たちを支援することに注力しています。富裕層の子どもたちは卒業後にベナンを離れるか、最初から外国で教育を受けるべく親元を離れます。この子どもたちはベナンに戻らないことが多く、その意味では失われた人材です。私たちの目標は、ベナンの未来を担い、自国の発展に寄与してくれる人材を育てることです。
 現在、ベナンには非常によい私立学校が複数あります。ベナンにおける私たちのパートナーNPO 「エコル・ド・ソリダリテ (連帯の学校)」は、この国のトップ校の一つである、ジャン・ミシェル・ル・フォソン (Jean Michel le Faucon) とパートナーシップを結びました。支援を受けている子どもたちはこの学校へ自宅から通学し、家族がいない場合には、同校の学生寮に入っています。

 今、18人の若者たちがこの支援を受けています。3人は既に修士号を得て、スポンサープログラムを離れました。1人は学士号を取得し、もう2人が大学三年生になります。また4人が大学入学資格 (バカロレア) を取得しました。さらに5人が中等教育修了の資格 (BEPC) を取得しています。全員が、いつかは博士号を得ることを夢見て勉強しています。


スポンサープログラムへのご参加の方法について

 ご送金の際、適用欄に「スポンサープログラム」と明記いただくと、その寄付金は支援プログラムの共通資金となります。子どもによって必要な支援額は異なりますし、特に秀才支援に必要となる支援額は高く、一人の支援者には荷が重いものです。共通資金のシステムにより、小さな寄付金でも意義あるものとなり、御支援の方も御自身で金額や期間を決めて参加することができます。

 もし、もっと直接的な支援を望まれるのであれば、ご一報いただければと思います。特定の子どもの里親としての直接支援の場合、手紙やEメールでやり取りすることが可能です。子どもに電話をかけたり、訪問することも出来ます。

 支援している子供たちの保護のため、写真をインターネットに公開できませんことを、ご理解願います。

スポンサープログラムでは、いくつかの職業訓練がすでに成功裏に終了しています:

美容師  2人
洋裁師  1人
家具職人 1人
ガラス工 1人
運転手  2人

* * *